そもそもブラックというのは金融ブラックのこと

お金を借りたいけれど、どこでも断られてしまっているというヤツも少なくないよな?こういう感じの人はブラックリストに掲載されている可能性が高いぜ。なので、どこに行っても借り入れの審査が通らないんだ。

 

しかし、街金の中には即日融資や無審査などを謳って、ブラックの人でも借り入れができるという業者も結構あるのも事実。特に大手と違い、中小が多い街金の場合は独自審査をしているので、ブラック情報に関係なく借り入れができることもある。

 

もちろん100%ではないから審査に落ちることもある。

 

だが、銀行や大手消費者金融に比べたらずっと借りやすいからブラックだからと諦めずに、一度街金にもトライしてみてくれ。

 

ブラックでも柔軟に対応してもらえる街金はここだ!!

大手の消費者金融では、流石に審査に落ちてしまっても街金では審査に通るといったケースが普通にある。でも、そんなに楽に借りれる街金ってローカルな街金だったりするんじゃないの?と、思う人もいるだろうよ。今ではネットで簡単に申し込めで気軽に借りられるところが増えている。いまからそのようなおすすめの街金を紹介するぜ。

 

キャッシングアロー

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜18.0%

即日融資 融資日数
当日可能 1〜2日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
20〜30万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら

アローでは、審査に何度も落ちた方でも柔軟に対応してくれることから、多くの方から支持をされている。愛知・名古屋に拠点を置く健全経営を心掛けている街金で、対応エリアは名古屋だけでなく、東京も含め全国対応となっている。

 

アローの特徴は、実質年率が5.0%〜20.0%で、配偶者の同意があれば専業主婦でも借り入れができるという点だ。それに、急いでいる人には、即日融資やおまとめローンも対応してくれる。即日融資は、1Dayダイレクトローンという独自システムにより手続きが可能となっていて即日融資できる借り入れ額は、100万円未満となってる。金利は10万円未満で20.0%、10万円以上で18.0%だ。

 

一定の収入があれば、保証人も担保も不要。申し込み方法は、ネット・郵送・FAX・店頭での申し込みとなり、即日融資希望の場合は、電話か店頭申し込みとなる。

 

アローで店頭申し込みを希望する場合は、事前に電話予約する必要がある。電話は平日の10時〜18時までで、ちょっと面倒かもしれんが、店頭だと審査時間が30分と非常に速い対応をしてくれる。来店する際には、本人確認書類と収入証明書それから印鑑を用意して来店してみてくれ。
東京都内か近郊に住んでいる方であれば、即日融資もできるだろう。

 

アローでは、一定の収入があって20歳以上であれば、大学生やアルバイトでも申し込みができる。今まで、消費者金融の審査に落ちてしまったヤツや、自己破産経験者に対しても融資実績が多いと言われているから、事故情報が登録され続けているヤツは、アローを検討してみるとよいな。

 

> アローの公式サイトへ行く <

 

ライフティ

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜18.0%

即日融資 融資日数
当日可能 1〜3日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
10〜20万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら

ライフティは、大手のキャッシング会社並みの迅速丁寧な対応をしてくれる街金で、人気急上昇中のところだ。ネットで簡単に申し込みをして、1,000円からの借り入れができる。担保・保証人なしで借り入れができるうえに、審査結果は電話かメールに連絡となるから、周囲に内緒で借り入れが可能。

 

2014年にできた新しい会社だが、元々信販会社で実績のある信用のできる会社だ。なので金利8.0%〜18.0%という良心的で健全な営業体制となっているだぜ。

 

ライフティは、問い合わせ先がフリーダイヤルじゃないから、闇金と間違われやすいが、大手の消費者金融会社と同様に一定の収入があれば年収の3分の1の借り入れができるんだ。だがな、どうしても知名度が低いからそのように思われてしまうだけなんだ。街金業界に数十年も身をおいているディエゴ様から言わせてもらうと一番安心できる街金業者だ。

 

消費者金融は、借り入れ希望者がきないと企業として成り立たない。そのため、大手と比べると比較的審査基準が柔軟に対応してくれるという訳なんだぜ。限度額などの面では、融通の利かないところもあるが、大手ではもう借り入れが難しいといった場合は、ライフテイで借り入れをすると良いだろう。

 

ライフテイは、賃金業の登録をしているしっかりとした消費者金融。それなのに、借り入れ件数が多い方や、債務整理などの過去がある人に対しても、現状の返済に問題がないと判断してもらうことができれば、審査に通る可能性が高い。

 

それって闇金じゃないの?と、どうしても思ってしまうがちだが、知名度が高くなればそのようなことも徐々になくなってくるだろうな。信販系の会社で20年以上の実績がある業者が立ち上げた消費者金融なので電柱に貼り紙をしている街金に頼るよりも断然安心だ。通常の街金だと金利の上限が20.0%のところが多い中、ライフティは、18.0%と良心的な上限金利となっている。

 

だが、ライフティは審査に時間がかかるという口コミがあるようだ。通常だと、早くて30分で審査が完了し、遅くても次の日には回答がくるものです。ライフティの場合は、審査に1週間以上待たされるといったケースが出ているのも事実だ。

 

そのようなことでは、急いでいる場合は話にならないよな。挙句に、審査に通らなかったら無駄に信用情報機関に申し込み情報が登録されてしまうことになってしまう。まあほとんどの人はスムーズに借りられるとのことだから申し込みを検討している人は、まず第一にライフティに申し込んでダメなら他業者を当たるのが良いんじゃないか?

 

> ライフティの公式サイトへ行く <

 

いわゆる街金の「フクホー」は、大阪に店舗がある街金としては老舗の消費者金融だ。大阪市浪速区に店舗を構え、創業は1970年。現在まで45年を超える歴史がある。

 

そして昔から大手消費者金融では借り入れを行うことができないようなブラック扱いになっている人に対しても融資を行ってきた、全国でも有名な街金だ。このブラック扱いの人に対しての融資実績だけでなく、これまで長年培ってきた豊富な経験と融資実績から、とても安心して利用できる街金だと評判なんだ。

 

フクホーは街金だが、全国どこからでも借り入れを行うことができる。審査終了後に全国の13000店を超えるセブンイレブンのマルチコピー機から契約書の受け取りが可能になっているから、申込を行った時間によっては即日融資を受けることも可能だ。

 

またこのフクホーは、新規の申込者に対しての融資額が他の街金より比較的高額なことも特徴だ。一般的な街金では10〜20万円が新規の申込者へ融資できる範囲なのに対して、平均して30万円の融資を行っている。

 

だがブラック扱いの人への融資には条件があり、特に債務整理を行ったことがある人には制限がある。その中でも自己破産を行った人への融資は基本的に行っておらず、任意整理や民事個人再生の場合は残金を完済していることが条件になる。

 

この事からブラック扱いの人に対しての融資条件は多少厳しいと言えるかも知れんが、債務整理中の人でもその人の職業や勤続年数などによっては融資を行ってくれる場合があり、また自己破産をした人でも免責が下りてから数年が経過していれば融資を受けられることがあるから、そのような人も一度相談してみる価値はあるぜ。

 

ブラック扱いになっている人に対して融資を行ってくれる消費者金融は街金でも数少ないと言えるが、その中でもこのフクホーは比較的柔軟に対応してくれると言えるだろう。

 

そして何と言っても街金でありながら全国どこからでも借り入れを行える点や、ネットから1年365日、24時間いつでも申込が可能だという点は、街金のレベルを超えたサービスの幅広さだと言える。それに加えてブラック扱いの人に対しての対応の柔軟さもあり、評判が高い街金だというのも頷けるぜ。

 

> フクホーの公式サイトへ行く <

 

ブラックの意味と仕組みを説明する

ブラックというのはブラックリストのことを指している。本当に黒い帳簿があるわけではないが、金融的に問題がある人を俗に言うブラックリストに掲載し、金融関係会社でその情報を共有するというもの。ブラックはほかに金融ブラックという呼び方もある。

 

日本では債務整理をするとCRINと呼ばれる信用情報に金融事故者として登録されてしまって、ここに記載されると最低でも5年はキャッシングができなくなってしまうんだぜ。

 

それから無闇矢鱈にたくさんの業者に借り入れの申し込みを同時にすると、これもまた金融業者が共有している信用情報機関に履歴が残ってしまい、そうなるとこの履歴は最低でも半年は削除されません。

 

さらに過去に複数回延滞している場合にも信用情報に履歴は残り、この履歴の場合は5年間は削除されないままになる。この情報を元に消費者金融は審査を行うんだ。

 

事故情報が載ってブラックになるとどうなるかを詳しく説明してやる

滞納を繰り返したり、債務整理をするといった悪質な返済態度を行うとどうなるか知っているか?そうなると、新規にキャッシングをしたり、クレジットカードを申し込むといったことができなくなる。

 

また、住宅ローンなども組めなくなってしまうし、せっかく夢のマイホームを持つと決断しても、自分がブラックだと審査に落ちてしまうという残念な結果になってしうぜ。いざという時に、まとまった現金を用意することができなくなると、働いた給料しか頼れる現金がなくなってしまう。それじゃあ夢がないよな。

 

1度や2度の返済遅延であれば、問題ないだろうが、悪質と取られる滞納履歴を何度も繰り返していると、3年〜5年は信用情報機関に登録され続ける。その期間は、キャッシングなどの金融商品の利用が一切できなくなってしまうんだ。

 

信用情報機関に登録される項目として、申込先、申し込み者の氏名・生年月日・電話番号、申し込み日、申し込み商品の種類があるが、最長で6ヵ月間登録される。また、契約が締結した際にも、契約日・契約した商品名・契約金額・支払い回数などが登録される。契約内容については、解約後最長5年は保存されることになっている。

 

そして、返済時の情報は、返済日・返済予定日・残高・完済日が登録されます。この情報も解約後最長で5年間登録されてしまう。それから、延滞情報は、延滞した商品名・延滞の解消状況・延滞発生日・延滞取り消し日などが登録される。

 

また、短期間に複数社のキャッシングやクレジットカードを申し込んだ場合も、多重申し込みとしてブラック扱いとなってキャッシングカードのキャッシュバック狙いで、一度に複数クレジットカードを申し込むと、悪質と判断されてしまうんだ。半年間信用情報機関に登録されてしまうので、その間は審査に落ちやすくなる。半年たってから申し込むしかなくなってしまうんだ。

 

返済能力もないのにいきなり何枚もカードを申し込むと、怪しまれて審査に落ちてしまう。キャッシュバックが成功しても、肝心な時にキャッシング申し込みができないとなると意味がないよな。

 

事故情報を起こすヤツの特徴はこんなヤツだ

キャッシング会社などの金融機関は、無担保・保証人なしで貸し付ける訳だから、返済能力があり、真面目に返済してくれる人に貸したいと考えているから、過去に返済トラブルを起こしたヤツなどには、できれば貸したくない訳だよな。

 

金融機関側でブラック認定をしている方とは、61日以上の滞納を繰り返したことがあるヤツや、債務整理、返済の踏み倒しなどの過去があるヤツだ。

 

債務整理に陥ってしまうヤツは、借金の返済のために借金を繰りかす自転車操業状態になってしまうヤツが多いようだ。借り入れができないくらい複数社から借り入れをしている場合、おまとめローンでさらに借金を膨らす傾向があるようだぜ。

 

おまとめローンは、借入先を1つにまとめることができるから、金利が低くなったり、返済日が管理しやすくなるといったメリットがあるだけじゃなく、借り入れ先が1つになったことで、他社へ借り入れがしやすくなるという誘惑が待っている。だがしかし、最終的には返済が難しくなって債務整理をすることになってしまうのが関の山だ。

 

また、専業主婦は、配偶者の同意なしでも少額ながら借り入れができてしまう。家族にもバレずに借り入れをして、返済が難しくなってしまうといった場合もある。
専業主婦は街金でも借り入れが可能です!

 

また、非正規社員やアルバイトは、急に解雇されてキャッシングの返済が急に難しくなるといったこともあるだろう。

 

悪質なブラックもいれば、雇用条件などの諸事情によって返済が急にできなくなってしまうという場合もあるということだな。
まあなんだ、キャッシングを利用する場合は、返済計画をしっかり立てることが重要だぜ。最終的には原理原則に戻ってしまうがそれが一番大事だ。

 

 

街金からの借り方とは?

街金とは小規模の消費者金融のことだ。全国展開しているような大手消費者金融とは違い、1つの店舗だけで営業していることがほとんどなのはわかるよな?

 

借り入れを行う方法も、直接来店してその場で現金を借り入れるのが主流で銀行振り込みも可能だが、来店した場合はほとんど現金で借り入れを行う。

 

このように小規模な営業を行っているんで、借り入れを行えるのはその地域に住んでいる人や小規模な事業者だけという地域密着型の街金が多いんだが、最近では来店しなくてもインターネットで申し込みや借り入れを行える街金も増えてきた。

 

消費者金融から借り入れを行う際には色々なキャッシング業者を比較して、申し込み方法や返済方法などが自分に合った業者を選択することができるが、全国どこに住んでいてもインターネットから申し込みや借り入れが行える街金もその選択肢の1つとして挙げられるようになった。

 

街金を選ぶ際のポイント

TVでCMを流しているような大手消費者金融で借り入れを行う場合は特に注意することはないが、街金を選ぶ場合はチェックするポイントがある。

 

街金は規模こそ小さいが、きちんと消費者金融として登録している貸金業者だ。闇金とは全く異なる。だが雑居ビル内の一室だけで営業しているような街金は、一見闇金との区別が付かないかも知れないからこれからディエゴが街金と闇金を区別する方法を教えてやる。

 

◇闇金と区別する方法

闇金との見分け方として、まず金利や最大限度額、そして担保や保証人の必要の有無を確認しような。まずこのような情報がきちんと表示されていない業者は利用しない方がいいと言える。またキャッシングには原則的に担保や保証人は必要ない。よってそのような要求をする業者はやめておいた方が無難だ。

・チェックすべきポイントはここだ!!
・貸金業の登録番号をチェック
・電話番号が固定電話かをチェック
・融資限度額のチェック
・下限・上限金利のチェック
・保証人不要かどうかのチェック
・担保についてチェック

 

そして電話番号がきちんと固定電話の番号かどうかも重要だ。貸金業法では携帯電話の番号の表示は認められていない。登録業者は必ず固定電話の番号を表示する必要があるんだよ。

 

また金利は利息制限法で20%を超えてはいけないという決まりがあって、それ以上の金利を表示している段階で、その業者は闇金の可能性が高いと言える。

 

◇登録番号を確認しろ!

登録業者は上記のような点の他に、必ず貸金業者としての登録番号をもっているj。この表示があれば、きちんとした街金=消費者金融であると判断できるぜ。逆にどこにもこれを表示していないような業者は闇金の可能性が高い。

 

この登録番号は、「○○財務局長(×)△△号」、もしくは「○○県知事(×)△△号」という表示になる。こういうの見たことあるヤツもいるよな?この(×)には貸金業の免許の更新回数が入る。この更新は3年ごとに必要になる為、この数字が「2」だった場合、3年以上営業している業者だということになる。

 

基本的にその地域の人や小規模な事業者をメインに商売を行っている街金では、この営業年数が長いほど信用できそうな業者だと考えることもできるぜ。

 

ヤミ金に引っかからないためのまとめ

以下の点に注意してチェックしてみよう。

・登録番号が明記してある
・上限金利は年20.0%を超えていない
・電話番号は固定の番号

 

闇金と街金のチェックポイント比較表

  街金 闇金
登録番号 あり なし
融資額 年収の1/3まで、又は商品の上限額 上限なし
電話番号 フリーダイヤルもしくは固定電話 携帯電話だけも掲載有り
金利 利息制限法に準ずる金利の表示 表示がない、又は法外な金利の表示

 

街金はブラックの人でも利用できるところがあるってわかっただろ?

いわゆるブラック扱いになってしまうと、大手消費者金融では借り入れを行うことができないが、街金ではこのブラック扱いになっている人でも条件次第で借り入れを行える場合があることがわかったよな。

 

その条件は街金により異なって、債務整理中でないことが条件だったり、自己破産をしていないことが条件だったりと色々だが、現在きちんと職に就いていて、定期的な収入がある場合は意外と融通を利かせてくれることがほとんどだ。この対応の柔軟さは街金ならではだぞ。

 

ブラック扱いになっていても借り入れを行いたい場合、そのような街金を探してみてくれ。自分の現在の条件に合った街金が見付かるかるだろう。

街金に精通しているエリックが選ぶ優良街金ランキングはこれだ!!

ユニーファイナンス

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜18.0%

即日融資 融資日数
当日可能 1〜2日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
20〜30万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら


アロー

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜18.0%

即日融資 融資日数
当日可能 1〜2日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
20〜30万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら


ライフティ

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜20.0%
※お借入限度額が10万円以上の場合、上限利率は18.0%となります。

即日融資 融資日数
当日可能 1〜3日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
10〜20万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら


>> 人気ランキングをすべて見る