ノンバンクと街金の違いはほとんど同じと言ってもいいのだが…

・まずは銀行とノンバンクの違いを理解せよ。
同じようなカードローンを提供している銀行とノンバンクでは、どのような違いがあるのか教えてやる!
まず銀行は貸金業務だけを行っている訳ではない。他にも利用者から資金を預って運用する預金業務や、手形や小切手を扱う為替業務を行っている。

 

その銀行がカードローンによる貸金業務を行うようになったのは、銀行の歴史から見るとつい最近のことなんだよ。銀行が貸金業務を行う際には銀行法という法律が適用されるため、貸金業法における総量規制という借り入れを行えるのは年収の1/3までという規定の対象外になるんだ。

 

これによって銀行ではカードローンでも高額の借り入れが可能になっている。比較的高額を希望する場合は銀行でないと借り入れを行えないことがあるぞ。

 

ノンバンクとは?

街金、というか消費者金融はノンバンクなのは知ってるよな?いや、ノンバンクのひとつと言った方がいいな。

 

まずノンバンクというのは預金を受け入れずに貸し出しを行う企業や貸金業者などの総称だ。つまりその名前の通り「銀行」ではない、だからノンバンクというわけ。貸金業規制法に基づいて登録を行っている消費者金融、もしくはクレジットカード会社がそれに当たるが、ここでは主に大手の消費者金融のことを表す言葉として使用する。

 

基本的に貸金業務のみを行っていて、その金利を利益として営業しているだよな。銀行とは違い、他に利益が出る業務を行っていないため、カードローンの金利は銀行より高く設定されている傾向がある。

 

ノンバンクには消費者金融やクレジットカード会社などの消費者向けと、事業金融会社や不動産関係金融会社などの事業者向けがある。わりと業務運営での自由度が高いので、銀行が消極的だった個人向け小口貸し付けを頻繁に行うんだ。最近では個人だけでなく中小企業向けに特化する業者なども増加している。

 

だが契約の際の審査では、銀行よりノンバンクの方が比較的通過しやすいことが多く、特に少額の借り入れ時には銀行より利用されているのが実態だ。その審査に掛かるスピードがノンバンクの方が速いのが特徴で、早い時間に申し込みを行った場合、即日に借り入れが行えることも珍しくない。特に街金は与信審査などが緩めなので、誰でも借り入れをしやすいというメリットがある。

 

与信審査というのは個人信用情報センターなどに登録されている情報から金融機関などが返済能力について調査することだ。街金はこの審査が独自に行われるからか、非常に素早く完了するんだよな。

 

そもそも街金と呼ばれる貸金業者とは一体何だ?

全国展開をしているような大手の消費者金融ではない、中小の消費者金融を街金と呼ぶこともあるんだよ。
この街金から借り入れを行えるのは、その地域の人や地元の企業だけということがある。同じ貸金業者でも、大手の消費者金融が全国チェーンなのに対して、街金は地元の個人商店というイメージだな。

 

この街金と聞くと、ヤミ金と同類、もしくは同一だと思ってしまう人がいるかも知れないが、全くの別物です。規模が小さいだけで、大手同様きちんと貸金業規制法に基づいて登録を行っている消費者金融だから、違法性は全くもってない。

 

雑居ビルの1フロアだけという規模のことも多いからな。一見ヤミ金などとの違いが分からないような業者もあるが、登録番号によってきちんとした消費者金融だということを確認することができるんでチェックしてみな。

 

この貸金業者としての登録番号は、「○○財務局長(○)××号」という表現になっていて、きちんと登録を行っている正規の貸金業者には必ずこれが存在する。

 

後ろの(○)の数字は、貸金業の更新回数を表す。貸金業者は3年ごとに更新が必要なので、例えばこれが「3」となっている場合は、少なくとも6年以上は営業を行っているということだ。この数字が多いほど長く営業しているということになるんで、業者を選択する目安の1つになるぜ。

 

大手の消費者金融(ノンバンク)と街金との違い

ノンバンクこと大手の消費者金融とこの街金と呼ばれる中小の消費者金融の違いは、全国展開をしているかどうかという点と利便性だな。

 

特に利便性の点で、大手の消費者金融ではコンビニなどの提携先のATMが利用できるが、街金の中でも小さい業者では、その店舗まで行かないと借り入れや返済を行えないことがある。

 

だが大手で審査で落とされてしまったような場合でも借り入れを行えることがあり、その他にも要望に柔軟に対応してくれることが多いのは、大手には無い点だと言えよう。

 

また街金でも最近ではネットからの申し込みに対応している業者や、コンビニなどのATMが利用できる業者も存在する。街金を利用する際にはそういった業者を選択すると、利便性の面でも大手に劣らない。

 

ノンバンクの街金はフリーローンが多い

審査などにも自由度の高い街金は、そのほとんどがフリーローンという形態を取っている。
フリーローンというのは資金の使途が限定されずに自由に使用できる借り入れだ。銀行などではどう使うかが定められているが、これはフリーローンの反対で目的ローンと呼ばれている。

 

目的ローンには教育ローンやブライダルローン、旅行ローン、住宅ローンや自動車ローンなどがある。最近では街金でも目的別のコースを用意しているが、銀行の目的ローンでは申し込みの際に資金使途証明書を提出する場合があるところ、街金ではそれが省略されることもあるなど、様々だ。

 

つまり、街金はノンバンクの一種で、一般的な銀行よりも借りやすいというメリットがあると言うことだ。

 

まとめ:街金をノンバンクと区別する必要はない

このようにノンバンクと街金は規模が違うだけで、ほとんど変わらないと思って構いわないぜ。特にネットからの申し込みが可能でATMが利用できる街金は全国展開をしていないだけで、実際の利用面では大手の消費者金融と何ら変わるところはない。

 

またノンバンクという言葉自体が消費者金融やクレジットカード会社全体を表現する言葉でもあるので、大手の消費者金融をノンバンク、中小の消費者金融を街金と遭えて区別する必要はないかも知れないな。

 

その規模から街金だと敬遠せずに、自分の利用スタイルに合っている業者であれば、大手の消費者金融より便利に利用できることもあるんだ。

街金に精通しているエリックが選ぶ優良街金ランキングはこれだ!!

ユニーファイナンス

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜18.0%

即日融資 融資日数
当日可能 1〜2日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
20〜30万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら


アロー

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜18.0%

即日融資 融資日数
当日可能 1〜2日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
20〜30万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら


ライフティ

即日借りれるか3秒で即診断できる!!

申し込みから返済まで24時間受付。来店不要!!

実質年率は8.0%〜20.0%
※お借入限度額が10万円以上の場合、上限利率は18.0%となります。

即日融資 融資日数
当日可能 1〜3日程度
目安の借入金額 融資対象エリア
10〜20万 全国対応

詳細ページはこちら

公式ページはこちら


>> 人気ランキングをすべて見る